忍者ブログ
【 Life of props 】 * 【 props 】 とは 【 陶芸工房 弁華別 ほたる窯 】 で制作している製品ブランドです。
[1] [2] [3] [4] [5] [6

07/19

2018

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

12/03

2015

自作のお茶碗です。
自宅の窯にて1230℃~1250℃の酸化焼成です。
土は
地元「石狩当別」で採取した赤土
その土にシャモットを混ぜて耐火度を上げた土
余市で採取した赤土に信楽土を混ぜた土
購入した備前土
購入した黒泥土
購入した透光性磁器土などで、釉薬はオリジナルの調合です。

拍手[0回]

PR

夕凪涼み

口径・外11cm
口径・内10.4cm
高さ5.8cm
重さ170g
酸化焼成 1250℃
当別赤土 電動ろくろによる水曳き

夏の縁側で、ゆっくりと冷茶を楽しめればと
赤い素地を薄造りすることで非常に軽く仕上げました。

酸化焼成でも赤くなる釉を作り、全体に吹き付けて夕焼けとし
口縁から胴にかけて青と2種類の白を纏わせることで
ほんの僅かに青空の残る、夏の夕暮れの穏やかさを表現してみました。

拍手[0回]

11/21

2015



白南風(しろばえ)

口径・外11.7cm
口径・内11cm
高さ6.4cm
重さ260g
酸化焼成 1230℃
当別赤土 電動ろくろによる水曳き

赤い素地に青系の釉を纏わせ
胴に長石と灰を混ぜたものを刷毛で乗せ
夏空の清涼感を表現してみました。




福翁百噺

口径・外13.7cm
口径・内13cm
高さ8.9cm
重さ490g
酸化焼成 1230℃
黒土 電動ろくろによる水曳き

これまでの中で最大最重のお茶碗で
絡みながら幾重にも流れる複数の釉薬に
福々しい翁の艱難辛苦を見立ててみました。

拍手[0回]

11/18

2015



冬霞


口径・外14.5cm
高さ6cm
重さ250g


口径・外13.5cm
高さ6.6cm
重さ230g

白萩特有の、雪のようにふんわりとした白が、特徴的なフォルムに柔らかく流れています。

当別赤土に信楽合成土を混ぜて水曳きにて形成し
1200℃にて酸化焼成しました。

口径が広いことから、お抹茶の際の夏茶碗として使えればと白萩系の釉薬を施しましたが
ご飯茶碗としてもお使いできます。


拍手[0回]

■  ■ 次のページ >>



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
● プロフィール ●
HN:
きこりん@北のほたるや
性別:
非公開
自己紹介:
北海道石狩郡当別町弁華別
【 陶芸工房 弁華別 ほたる窯 】
Designed by TKTK
PHOTO by Sweety
忍者ブログ [PR]