忍者ブログ
【 Life of props 】 * 【 props 】 とは 【 陶芸工房 弁華別 ほたる窯 】 で制作している製品ブランドです。
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10

12/19

2018

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

05/31

2015



月夜の雫

拍手[0回]

PR


棚が足りないから作らなくっちゃwww


拍手[0回]

05/28

2015



「翡翠・Kawasemi」
余市赤土・淡水乳濁釉・マンガン窯変釉・乳白釉
溜まっていた素焼きに施釉をしてみたら
とにかく焼いてみたくなって
次々とガラクタを増やしている次第です^^;
余市の赤土のオレンジ
淡水乳濁釉の藍
乳白釉の白
この三色がカワセミの特徴的な色です。
そして、マンガン窯変釉の黒で
瞳や雄の嘴などを表現してみました^^





拍手[0回]

素焼きしたままのものが溜まっているので、小物から仕上げていこうと
昨夜から、また焼き始めた。

小さいものを全部で8点窯へ入れたものの
いい感じに仕上がったものは僅かに2点^^;

どちらも土は「余市の赤土」で
やはり酸化鉄が多いためか、釉黙りは僅かに窯変している。

1点目は



「シリパの面影」  
余市赤土・淡水乳濁釉





2点目は



「フゴッペの憧憬」
余市赤土・淡水乳濁釉



フゴッペ洞窟や、忍路環状列石、西崎山環状列石など
余市・蘭島周辺で発見された「続縄文式土器」と同じ土には
淡い空色の釉薬がよく似合う。

あの頃の、あの人たちに出逢えたならば
これを見て何と言ってくれただろう・・・

この赤い土は、様々な思いを抱かせてくれる。

拍手[0回]



稲藁を大量に巻きつけ「緋襷(火襷)」にして
大きめの素焼きの植木鉢の中に詰め、棚板で蓋をし
1230℃の還元にて焼いてみました。


燃え尽きた藁灰が所々で焼き付き
自然釉のごとくガラス化して光っています。




撮影の仕方も少し変えました。


50mm F1.4 を使用し
ライティングボックスとストロボ(バウンス)にて撮影してみました。





拍手[0回]

<< 前のページ■  ■ 次のページ >>



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
● プロフィール ●
HN:
きこりん@北のほたるや
性別:
非公開
自己紹介:
北海道石狩郡当別町弁華別
【 陶芸工房 弁華別 ほたる窯 】
Designed by TKTK
PHOTO by Sweety
忍者ブログ [PR]