忍者ブログ
【 Life of props 】 * 【 props 】 とは 【 陶芸工房 弁華別 ほたる窯 】 で制作している製品ブランドです。
[50] [49] [48] [47] [46] [45] [44] [43] [42] [41] [40

08/19

2018

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




「憧憬」 磁器 Hommage to Lucie Rie.

赤い釉薬の切れ目には細かな結晶が模様となって煌く。

以前、料理人の立場で
この不安定さが際立った形状を見たときに
「オレは使いたくないな・・・」と思った。

Lucie Rieは、20世紀の後期にイギリスで活動していた女流陶芸家で
独創的なデザインや、その作陶方法、釉薬の調合に至るまで
現代陶芸に多大な影響を及ぼし
実に、90歳まで現役陶芸家として、数多くの作品を残している。

今回作ったものは、彼女の作品ほど高台は高くないが
そのフォルムは、Lucie Rieに習ってみた。

彼女の時代にはまだ研究されていなかった亜鉛結晶を
酸化焼成の赤い釉薬の中で出るように試してみた。

今後、このフォルムと、赤い釉薬と、亜鉛結晶の組み合わせに嵌ってしまうだろうw

今でもまだ、料理を盛り付ける側としては
細くて高い高台の、この不安定さには抵抗があるが
焼き上がりを手にしたときに安心感を感じた。

高く削り出した高台が錘の役割を果たし
器の底に安定した重量感があった。





この2点も磁器土でろくろ引きしたもので
焼成前に飛び鉋で模様をつけ、上記と同じに
亜鉛結晶を、酸化焼成の赤い釉薬の中で出るように試してみたものだが
釉薬が厚かったのか、残念ながら流れてしまった^^;





これも飛び鉋で模様を施し
見込を萌木色に、胴にオパールラスターにしてみたが
口縁に付けた孔雀ラスターが流れ過ぎたか・・・^^;

どれも酸化焼成だったためか全体的に赤っぽい仕上がりなので
次回には還元をかけてみようかと思う。





拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
<< 志野焼■ HOME ■ タンブラー5点 >>



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
● プロフィール ●
HN:
きこりん@北のほたるや
性別:
非公開
自己紹介:
北海道石狩郡当別町弁華別
【 陶芸工房 弁華別 ほたる窯 】
Designed by TKTK
PHOTO by Sweety
忍者ブログ [PR]